車を買い替えるべきタイミングと車の運転マナーについて

車

軽自動車とミニカー、どちらを選ぶか

現在、大阪在住で車を所有していませんが、今度奈良に引っ越す事になり、買い物の足代わりに使う車が必要になりました。
遠乗りはしませんし、収入も下がるので軽自動車が最適と考えていますが、もう一つ、ミニカー(原付4輪車)も選択肢に入れています。
ミニカーは一人乗りですが、自分は一人暮らしなので、その点は問題ありません。
軽自動車とミニカーを比較すると、動力性能の面では、勿論軽自動車の圧勝です。
ミニカーは加速性能が低く、最高速度もせいぜい60キロ止まりで、必要最小限の性能しか持っていません。
一方、軽自動車は自然給気エンジンでもミニカーより数段パワフルで、どんな状況でもまずパワー不足で困る事はありません。
しかし、自分の想定している用途は、片道せいぜい数キロ程度の距離で、交通量も極少ない田舎道なので、ミニカーでも問題なしと考えています。
次に、スペースユーティリティの点ですが、軽自動車はスポーツカーを別にすれば4人乗れますし、後席を倒せばかなりの荷物が積めます。
車体が小さいミニカーは、この点では全く太刀打ち出来ません。
しかし、人を乗せる機会もまずないでしょうし、荷物もせいぜい買い物袋くらいですから、軽自動車の積載量の大きさに対し特に有難味を感じる程ではありません。
最後は、価格や維持費面での比較ですが、まず価格の点ではミニカーは意外と高価で、軽自動車の安い車種と変わらないくらいの値段がします。
これは、販売台数が望めず量産効果が出ない為で、どうしても割高になってしまいます。
コストパフォーマンスで言えば軽自動車の方が遥かに上で、ミニカーなんて馬鹿馬鹿しくて・・・という事になります。
一方、維持費の点では、ミニカーの方が税金・保険ともにずっと安く、車検もないので遥かに有利です。
普通車より維持費が安い事がメリットになっている軽自動車も、さすがに太刀打ち出来ません。
ただ、ミニカーもEVモデルになると、定期的に鉛バッテリーの交換が必要になるので、維持費のアドバンテージはなくなってしまいます。
総じて、購入や維持のコストに関しては両者大差なく、ミニカーの割高感が目立つ結果になります。
総合的に考えると、例え一人しか乗らなくても、やはり軽自動車の方がずっとお買い得という事になります。
しかし、好事家の自分としては、それでもマイナーで人が乗っていないミニカーに惹かれてしまいます。
どちらを選ぶか、もう少し悩んでみます。

たまには初心に帰り、気を付けて車を運転しましょう


皆さんは、車を運転する際に気をつけている事はありますでしょうか。
車の運転は慣れてきた頃が一番危ないものです。
今回は初心にかえり、車の運転で注意したい事を考えてみたいと思います。
まずは車の死角です。
ミラーで確認して車線変更をしようとしたら、横を走っている車と接触しそうになった経験のある方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。
自動車学校でも教わったかと思いますが、これは車のミラーには映らない部分、つまり死角が存在するからです。
意外と多い、この死角に入った車との接触や巻き込み事故ですので、事故をしないためにも死角部分を目視して、しっかりと確認する必要があります。
また、自分が事故に巻き込まれないためにも、車の死角部分にはなるべく近付かないなどして対策をとると良いでしょう。
次にスリッップです。
例えば雪の日や、路面が凍結した時などは、車のスリップによる事故も増えてくるかと思います。
車に乗っている方なら、積雪や凍結などの路面の状況には神経質になるかと思いますが、もう一つ注意をしておきたいのが雨の日です。
皆さんは、ハイドロプレーニング現象というものをご存知でしょうか。
これは、雨などで水に塗れた路面を運転する際に、タイヤと道路の間に水が流れ込みスリップしてしまう現象です。
私も大雨の日などに何度か経験した事があるのですが、最近の車はスリップすると自動的にブレーキがかかるものも多いですので、ブレーキ操作が効かなくなりビックリする事もあるかと思います。
ハイドロプレーニング現象は、雨の日のスピードの出しすぎや、タイヤの劣化なども関係していますので、雨の日には安全運転に気を配り、スリップには十分に気をつけましょう。
いかがでしたでしょうか。
車の事故を未然に防ぎ、安全に運転をしていきましょう。

イチオシ記事

コンテンツ一覧

TOP